fukuyado_logo


BLOG

-Staff blog-



2018/01/22

「感幸」に最適な観光地! ―「非日常」と「異日常」

はじめまして。福宿難波のマネージャー、さかえです。

大阪生まれ大阪育ち、生粋の大阪人です!

福宿難波に来て、3か月が経ちました。まだまだ未熟者ですが、宜しくお願い致します!

 

さて、皆さんが思う「旅の醍醐味」は何でしょうか?

大阪が誇るテーマパーク「USJ」に行くのも良し、高級な「神戸牛」を食べるのも良し。

こういった「非日常」を味わえるのも旅の目的の一つですよね。

ローカルな地域の人が「美味しい!」といって食べるものはどうでしょうか。

地域の人に愛されるとんかつ屋さん「喝鈍」や、昭和8年創業のたこ焼き屋さん「会津屋」・・・。

地域住民に愛される食文化、地域に根付く伝統行事等「異日常」を体験出来るのも旅の醍醐味ですね。

 

異日常の場」としての福宿

 

福宿に宿泊していただいたお客様2組が仲良くなり、一緒に東京の宿を予約した。

 

昨日こんな事がありました。宿泊施設を運営するものとしてはうれしい限りですね。

私たち福宿スタッフだけでなく、1つのリビングを共有することは、他のお客様との交流にも繋がるんだと

肌で実感した瞬間でした。

 

地元の人々で賑わう居酒屋さんに出向くのも良し。近くのスーパーで食材を買い、キッチンで調理するのも良し。

コインランドリーで洗濯を済ませることもあれば、近くの銭湯に出向くことも。

 

こうした日常の感覚を旅に持ち込みながら、皆さんも大阪を旅してみませんか?